研究所の部活動

チャイルドケア研究所では、幅広い学習と交流を提案するため
サークル活動や、部活動と称していろいろな活動をしていきます。


CCコミュニティ


「チャイルドケア(CC)コミュニティ」とは、
チャイルドケアの講師と学習者。あるいは学習者同士の情報交換、
交流の場として、コミュニティを深めるサークル活動です。
Facebookでグループぺージを作っています。
チャイルドケアに興味を持っている方であればどなたでも参加できます。

CCコミュニティ


CC図書部


「チャイルドケア(CC)図書部」は、
チャイルドケアの学習者のために読書を通して
様々な角度でチャイルドケアの学習を深め、
スキルをあげる目的に作ったチャイルドケア研究所内の部活動です。

主な活動は
チャイルドケア講師の松本美佳が独断と偏見で選書した本を
読んでいただき、それは皆さんとシェアするという
いたってシンプルなものです。

 

本は、様々な分野から選んでいます。
小説のような読みやすいモノから少し心痛むドキュメントやルポ的なものも
含まれています。

おそらく手にすることがないだろうという本もあると思います。

それも狙いです。

 

子育てストレス、大人の心の病は、
活字離れや読書離れにより、

視野や思考が狭くなっていることも原因だと思われます。
本を読むことで疑似体験を増やし、
さまざまな考え方があることを学びます
語彙力を増やし表現力をつけることで
コミュニケーション力も高まります。

図書部にはそんな意図もあります。 

CC図書部


CC研究所 制作部


チャイルドケアでは、手作りの良さと温かさもケアとしています。
そこで、現在研究員の方のみですが
ベビータッチ用の赤ちゃん人形を受注製作しています。
とはいえ、
目的は実はベビータッチ用のツールではありません。
赤ちゃんのいる幸せな空間を疑似体験いただくためのものでもあります。
この赤ちゃんをみると、どのお子さんも興味を示し
ギュッと優しく抱きしめ、幸せに満ち溢れた笑顔をみせてくれます。
小さな子どもでも「慈愛」をもっていることがわかります。
そういう大切な「思い」を育んでいくことは、「ケア」につながると考えています。

土の赤ちゃんもていねいに作っています。

手作りですから、お顔も違います。シリアルナンバーもついています。

目的もあるので条件制で製作を受けております。
ご興味のある方でご希望の方は、
チャイルドケアを学んだことのある方、
そして
チャイルドケア研究所の研究員になっていただくことが条件です

受注期間を設けています。フェイスブックでご確認ください。

CC研究所 制作部